私が好きな相撲体

というより、相撲が好きなのですが

先日、アイメッセで行われた「大相撲富士山山梨場所」巡業に行ってきました。

巡業でのメインの楽しみは各力士を間近で見られること。会場通路で普通に準備運動などしているので、写真もサインもゲットできます。甲府市出身力士・竜電関ももちろん登場。前回の巡業も見に行きましたが、声援の大きさが段違いでしたね。

九州場所も頑張れ!

さて、会場内で目を引いたのが、通路に貼り出してあった幕内力士たちの四股名。

場所では取組表になりますが、これはさしづめ「本日登場力士お披露目」というような位置づけでしょうか。

フォントで言えば「相撲体」「江戸文字」などになるのでしょうが、こちらはすべて行司さんの手書き。

北勝富士、琴奨菊、千代翔馬などギッチリ詰まったものも好きですが、勢、輝など一文字のものも潔さがあって好きですね。竜電の字も素敵ですよ。

写真のものは半紙大に書かれたものをつなげて貼ってありましたが、終了後持ち帰っているファンの人を見かけて「その手があったか!」と。次の機会があればチャレンジしてみます。

趣味全開の話題ですみませんね。

関連記事

  1. カメラがあると、つい撮ってしまうもの。

  2. 汗が止まらなくて…夏。