デザインの視点で振り返る「平成という時代」

毎号、勉強させて頂いてます『NIKKEI DESIGN』

2月号の特集は、デザインの視点で振り返る「平成という時代」でした。
著名デザイナーが話す「平成という時代」

流石の視点。大変勉強になりました。

私たちのデザイン業界は、平成後半からのネット普及により大きく変化しました。
インターネット社会となり、メディア、エリア、価格、価値、色んな事の垣根が無くなりました。
その中でデザインは多くの事に影響を受けながら、大きな影響を生んできたのだと思います。

私があえて平成のデザインを一つ選ぶなら、やはりApple‎社のiPhoneです。
スマートフォンを代表するiPhoneの出現で仕事、生活、趣味等、様々な点で影響をもたらしたデザインだと私は思います。

皆さんは如何ですか?

次の時代にどんなデザインが生まれるのか…
楽しみですね。

もちろん私たちも頑張りますよ!!!
時代に合わせた、必要とされるデザインを残せる様に。

関連記事

  1. Googleマイビジネス活用について:『テイクアウト・デリバリー表示』機能編

  2. 現場に出る事の必要性

  3. さくら咲け!

  4. 月一コンペ連続応募の12月分は〜?

  5. 捨てられない人間or捨てられる人間

  6. SDGsって?何だろう。