写真はあら汁。改めて学んだ価値。

先日、とある仲間にお祝い小トリップを企画してもらった。

オーダーしたのは沼津のお寿司。
・敷居が高くない、リーズナブルな美味しいお寿司。
・出来れば廻っている地元の人気店。

静岡定番のハンバーグ屋。

ほぼ、このオーダーも仲間に押し切られた感がありますが。
それもいつもの事。

沼津についてネットで検索。
行き当たりばったり。
それもいつもの事?

ネットには
様々な評価がついた美味しそうなお店が沢山。
有名なフランチャイズ〜高価そうなお店の数々。

どのお店に行けば良いのか迷子になる。
しかもこの日は日曜。地元系のお店は休みが多い。

そんな中でも
検索のキーにしたのは「地元」。

やはり地元ならでは。
その地元だから。
のお寿司が食べたい。

で、迷いに迷い。
多くのネット情報から決めた一つのお店。
決め手になったのは
・一見入りにくい店構え(大丈夫だろうか?)
・都内で食べたら、倍はする(本当?マジっすか?)

電話で予約し向かうことに。

観光有名地になっている人集り、渋滞を横目に。。。
数台しか停まっていない分かりにくい駐車場へ。

到着した店内には、店主と座敷でテレビを見ている女将?(奥さん?)
少し予約時間を過ぎた私たちを快く迎えてくれた。

価格表、メニューが無いお店のカウンターに座り、
好きな物を各々食べたいだけ頼んだ。

蛸、烏賊。
鮪は、赤みと中トロと大トロ(日本で水揚げされた鮪)。
笠子、石持、鰈、鯵。
雲丹、穴子。
茹で蟹(生きてた毛蟹をお店で茹でたそう)。
ねぎトロ巻。自家製塩辛軍艦。

そして締めに出してくれた、あら汁。
お祝いと知って?鯛のカマが入った少し目出度いお吸い物。
勝手に感動し少しテンションが上がった。
すごく上品で旨味が詰まっていた。

お寿司を出して頂く途中も
押し付けや、自慢にならない程度の「拘り」をお話し頂きました。

いやぁ美味しかった。
ご馳走様でした。

少しビクビクしながら会計をしてもらった。
恐る恐る会計を待つと「丁度〇万円で」
思っていた以上に安かった。
お寿司もお腹いっぱい食べ、蟹も食べ、一人は酒も飲み。
ご好意もあったとは思いますが。。。安い。
※時価やお店のご好意等あると思いますので明細は控えておきます。

そう。
ネット情報を頼りに、ほぼ感で選んだお店。
当たり。大当たりでした。

情報は少ないけど、
知らない場所にも美味しいお店があるし
実際に行かないと分からないことも沢山ある。

あと感じたのが、決められた価格では表現できないものがあること。
その時期、その状況、そこに掛かる時間。だから価格は一定でない。
そこに雰囲気や、過ごした時間や、もしかしたら気持ちが入るのかもしれない。

改めて考えさせられた「価値」。
なんか凄く勉強になったし、ヒントになった「価値」感だった。

明日から世間は新年度。
私たちも新たな「価値」を創造していかなくては。
気を引き締めて。

追記

ご馳走して頂く予定だったお寿司。
なぜか綺麗に割り勘になりました。笑

なので、ハンバーグはご馳走をして頂きました。
年齢、立場を超え、いつも有難うございます。
そんな価値観もありだと思う。(たまにムカつくこともありますが)

--- Related Posts

  1. 収集癖

  2. 本当に重要だと思う。フォントうに。

  3. 花井祐介さんの個展に行ってきました。

  4. うまいって言わせたい

  5. 捨てられない人間or捨てられる人間

  6. すぐ惚れる