記録的大寒波

 

今回の記録的大寒波で、甲府でもマイナス8℃以下になった朝、ウチのマンションでは水道が出なくなりました。まさか甲府で水道管が凍るとは思っていなかったので、何の備えもなくそれなりに困ったんですが、昼間は仕事だったので、「帰ったら直ってるだろう」程度で出かけ……案の定ウチは復旧していたんですが、エントランスにこんな貼り紙が!緊急性を感じますね。やはり備えは大事ですね。

さて、今年最初のミュージック。

今年は本当にニューアルバムリリースの話題が続きますねぇ。ウハウハですね。3月にはフォール・アウト・ボーイとペリフェリーのリリース情報が届き、相次ぐリリース情報に「ウェ〜イ!」の声が止まりません。

フォール・アウト・ボーイはラジオなどでもちょくちょく流れるメジャーバンドですので、ペリフェリーの新曲を1曲。ここはねぇ、長いんですよ。1曲が。さすがに「Reptile」の16分44秒を超える曲はないだろうと思っていたら、新作でも12分超えがあるそうで。すごいね。現在公開されている中から8分超えをご紹介。まあ結局はカッコイイんですけどね。

※現在ビジュアライザーしかないようですが、ギタープレイパートのみならメンバーの動画あり。

Periphery – Zagreus

続いて、お気に入りコーナー。

UKのニューカマー「Sleep Token」。覆面アーティスト集団でメンバーの名前も公表していないようなんですが、ビジュアルから感じるイメージとは全く違っていて、なんかこう良いんですよね〜。特に最近はボーカルのエフェクトを強めてきているみたいで、SKYNDのような雰囲気も醸しつつ。新しい音楽だなぁと思います。

Sleep Token – Granite

で、最後は私的にこんがらかってしまう2バンド、「KATATONIA」と「Kataklysm」。カタトニアはスウェーデン、カタクリズムはカナダ。ややこしいわぁ。ちなみにかつてイギリスには「Catatonia」というバンドもいたそうで。

KATATONIAは大人の魅力漂う、プログレッシブ系のサウンド。Kataklysmは若さとパワーがほとばしる、終末系デスメタル(実際に若くはないみたいですが)。曲調は違いますが結論としては両方好きです。

KATATONIA – Atrium

KATAKLYSM – Outsider

今年もミュージックの沼は、ますます深みを増していきそうです。

ではまた。

--- Related Posts

  1. そば好きの神聖地です。

  2. 開催中のイベント(まもなく終了)

  3. 2021年もミュージック。

  4. 9月号巻頭ウラコラム

  5. お気にTかぁ……

  6. ぼくたちのシュッパイ