2021 ヒット商品

2021年、私のヒット商品……というか、買ったばかりなんですが、Bang & Olufsenのワイヤレスイヤフォン(ここは「イヤフォン」と呼ぶらしい)Beoplay EQです。
それまでの相棒、SONYのWF-1000XM3が、経年劣化とこの冬の寒さで右耳用のバッテリーがすぐになくなるようになってしまい、『修理に出すとしても代わりがないとなぁ』などと悩むフリをして、甲府駅前のヨドバシさんに初めて行ってみたところ、実機があったので買いました。特に悩まず。ついに私もB&Oオーナーですよ。大人になったなぁ。

SONYは『POWER ON』とか、『BATTERY FULL RECHARGED』とか、いろいろと声でお知らせしてくれるんですが、B&Oは『ププ』という音がなるくらいで『なんだ、ツンデレか?』というくらいつれないですね。まあ慣れでしょうけど。

まだ買って4日目くらいなので、どちらがどう良い悪いという実感もまだないですが、SONYは何の調整をしなくても音のバランスが良い、大音量でも音質が安定している印象。対してB&Oは自分の好きな音色に直感的に設定できるモードがあるので、「自分の好きな音にしていく楽しみ」がありそうです。一度オフにしても設定が保存されているのも地味に便利です。

さて、そんなアイテムでどんなミュージックを聴いているかというと、相変わらず低音重視のメタル系中心ですが、今年最後のミュージック紹介ということで取り上げるのは、「Eskimo Callboy」!!!
ドイツの元気バンドですね。キャリアはぼちぼち長いみたいですが、最近は「バカ・パーティー感」がいや増しているようで素敵な曲が目白押しです。

「聞けば体が動き出す」ってなもんで、特に解説も必要ないと思いますので、3曲ほど紹介して今年のミュージック紹介を締めたいと思います。
では、皆さま良いお年を。

Eskimo Callboy – WE GOT THE MOVES

Eskimo Callboy – Hypa Hypa

Eskimo Callboy – MC Thunder II (Dancing Like a Ninja)

--- Related Posts

  1. ウチのシマ

  2. 紅葉でない方の赤

  3. 風しん検査を受けてきました

  4. 私が好きな相撲体

  5. マイ・プチ・リニューアル

  6. ぼくたちのシュッパイ