呑みの友

梅雨時で肌寒い日もありますが、暑い時はやたら暑いですね、最近。
というわけで今年も焼酎を炭酸で割るシーズンとなりました。
昨シーズンまではペットボトルの炭酸水を箱買いしたりしていたんですが、毎週大量の空きペットボトルを片付けねばならず、「炭酸水作るヤツ買うかねぇ」などと話していたんですよ。

今年も急に暑くなったので、近所の家電量販店に見に行ったところ、店員さんの説明がバツグンに分かりやすかったので、ほぼ即決で買いました。「ドリンクメイト」。
「ソーダストリーム」の方が有名だと思いますが、こっちの方が安いんですよね。電気いらないし。

使い始めて2週間くらい経ちますが、快適ですね。快適ですよ。炭酸が吹き出てくる時の工業機械音のようなインダストリー感も含めてすっかりお気に入り。
ネットレビューにもあった、「炭酸ボンベが重くて取り付けにくい」以外のデメリットも感じないので、これからさらなる活躍が見込まれます!炭酸水以外作るつもりはありません!

さて、暑い夏こそミュージック!
(お前はいつでもだろう、と。その通りです。)
mammoth wvhのファーストアルバムもリリースされた今月は、「カッコイイ部門」と「バカ部門」からそれぞれ1曲。

「カッコイイ部門」
Larkin Poe on Audiotree Live

ライブ版の動画なんで少し長いです。
エレキ(もしくはアコギ)とスライドギターの女性コンビ。立ってスライドギター弾く人って初めて見たかも。曲調はブルースベースですが、コーラスワークのセンス含め、現代でこのスタイルを貫く気概が最高ですね。

続いて「バカ部門」。繰り返しますが、褒め言葉です。
Clutch – X-Ray Visions

もう説明いらんですね。最高です。
なんとなく70年代あたりを彷彿とさせる2組でした!拍手!
ではまた。

--- Related Posts

  1. 虹を見たかい?

  2. ミッション進行中

  3. たまには「仕事」の話をしよう

  4. 「DeepL翻訳」。うん、スゴイかも。

  5. 2021年もミュージック。

  6. 角界オブ・ザ・イヤー