魅力的な文字がかけなくても筆書体は最高。

先日、書家が書き上げた とても魅力的な文字を資料としていただきました。
豪快で迫力がありました。いいですね筆書体。
それだけで、アートですね。
そんな魅力的でステキな文字が書けるなんて「羨ましい」です。

綺麗な文字はかけないけど、仕事がら毎日「書体(フォント)」を選びます。
最近では、書体の数が実に多い。
実際、使わないだろう書体がほとんどですが
それでも書体選びは、とても楽しいですね。笑

私が新人時代・・・・かれこれ2✗年前 きゃっ。
先輩がストックするたくさんの「企業ロゴ」を見せられました。
企業ロゴのデザインは、本当にいいバランスです。
毎日、毎日 ロゴを見て トレースのお仕事していました。
複雑なロゴは、新人に回ってくるのですごく楽しかったです。

でね、思ったんです。
一流デザイナーさんの頭の中はどーなってんだろう?
ロゴデザインを始める時に何が見えているのだろう?
何を思っているのだろうか?
何かしらのストーリーがあるに違いない!って思っていました。

そんな、一流デザイナーが手がける「企業ロゴ」をマネしてみたり、同じ書体を探してみたり。。。
仕事の合間にたくさんお勉強をしながら 遊んでいました。 懐かしい新人時代です。
そのおかげで Panasonic、Jeep、MUJI 再ブレイク中のブランドTHE NORTH FACEなど
有名なロゴも一つの書体「Helvetica」を基にして作り出したんだと当時、知りました。
その時は、まったく知りませんでしたけど、世の中では、有名な話しなのね。笑
その他にも futuraとかもロゴを作る時に使用されている など たくさん。

で、何が言いたいかって言うと
日本の筆書体もすんごくステキなのでロゴに使えないのかな。
魅力的な筆書体に感動している人多いはずではないか?
筆書体だって世界に負けてませんから〜!!!!!!!!!!!!!と言いたかっただけ。

そんなことを思った日でした。

関連記事

  1. 見た目が肝心

  2. 明日は晴れる

  3. Dreams Come True

  4. 最近、アニメを観ています。

  5. 世の中の変化に追いつけなくなる世代になる時がきっとくる。

  6. 自宅待機で得た楽しみ♪ その1