駄菓子屋サイドで行こう〜岩永玩具問屋(甲府市城東)〜

いつもとは違う二度目のゴールデンウィーク。
今年は「巣篭もりウィーク」なんて言われていましたが、
家の中にいるだけでは精神衛生を保てませんよね。

ニューノーマルがノーマルとなりつつある今、
少しだけ子供がえりしてみたくなるのは僕だけではないはず。
この一年を経て、僕たちは何を得て、何を失ったのでしょうか。
もしかしたらこのコロナ禍に関係なく、大事な何かを失ってしまっているのでは!?

家の中にさまざまな楽しみを持ち込むことはできるけど、
窓の向こうに待つ広大な世界には替えのきかない価値があるようにも思えます。

思いがけない出会い、新たなる発見、モノや音の感触。
そこから生まれる気持ちの変化と化学反応。
足を動かし、外側の世界と触れ合うことで、
初めて自分が何者なのかを確かめられるのかもしれません。

オンラインショップでの買い物では味わえない感覚。
駄菓子屋は、僕たちが最も好きな場所のひとつです。
いつだって、まだ味わったことのない喜びや「気づき」がそこにあるのだと思います。

子供の頃にはできなかった「大人買い」も嗜みの一つ。
さて、あの頃叶えられなかった夢を、思いっきり掴めるようになった喜びを、
深く噛み締めてみることにしましょうか。

岩永玩具問屋

–DATA–
〒400-0861 山梨県甲府市城東3-3-9
営業時間 : 8:30〜18:30 ※土曜日は〜18:00
定休日 : 日曜日
電話 : 055-233-7088
※変更となる場合がありますので店舗までお問い合わせください。

<

--- Related Posts

  1. 坂本あずさ

    フォトグラファーシップ

  2. 博多やさい巻串 kanya(串巻/焼き鳥)– 甲府市中央

  3. 結局「映え」ってのはiPhoneカメラとアプリでなんとかなっちゃうよね的な考察

  4. パンのことで頭がパンパン

  5. サイボクハム、そこは最高の肉のテーマパーク – 埼玉県日高市

  6. 棚田のある暮らし(南アルプス市中野の棚田)