iPhone11Proを手に街に出た

どうも上矢です。
今年も私たちのブログにお付き合いください。

2020年を迎え、携帯をiPhone11Pro(256GB)に変えました。

この新しいスマホを手に、思いつきで浅草に行ってきました。

冬晴れのなかスカイツリーとアサヒビール本社が奇麗に見え、思わず撮影。

そして、4倍の光学ズームレンジでズーム撮影も。
奇麗に撮れる。

定番の雷門に移動。雷門は超広角で。

面白い写真が撮れる。
なぜかこの写真が、自分はザ・ビートルズの『Abbey Road』ジャケ写を連想する(笑)

せっかく浅草にきたから美味しいものを食べようと調べる。
並木藪蕎麦さんで鴨南蛮を食べる事に決めた。
かんだやぶそばの暖簾分けで1913年(大正2年)に開業した由緒あるお店だそうです。
行列で15分程ならんで食べたお蕎麦は最高でした。

お蕎麦はポートレートで撮影。

お腹もいっぱいになったので、浅草をはなれ気になっていた写真展に行く事に。
東京都写真美術館で開催されていた、中野正貴『東京』へ。

誰もいない大都会東京の姿を写した『TOKYO NOBODY』
ビルや民家の窓から垣間見たシュールな『東京窓景』
川を漂い水上を浮遊する都市像を捉えた『TOKYO FLOAT』など
どの写真にも、その場所、その時代の匂いを強烈に感じる。

運良く、中野先生のお話を少し聞く事が出来ました。
1枚の写真に掛ける執念や思いをお話し頂きました。
本当感動できる写真展でした。

先生の写真も撮影させて頂きましたので数枚公開。
奇麗には写るけどこの感動は伝わらないかな。。

以上、充実したそんな日曜。

関連記事

  1. Tシャツとデザインとフジロック

  2. イベント探訪

  3. 道具の進化

  4. 終わりと始めを大切に。

  5. 月一コンペ連続応募の1月分は〜?

  6. 初勝利おめでとうございます!