道具の進化

先日、メニュー撮影のお仕事をさせて頂きました。

今回の撮影はメニュー点数もあり、
限られた時間内に熱いメニューを「熱いうちに美味しそうに」撮ると言うミッション。

そのミッションをクリアーするためには、
(1)メニューの細かなバランスを即座に調整
(2)撮影したその場でのクライアント確認チェック
が必要でした。

メニュー撮影も人物撮影と一緒で、
撮る角度や、撮る明るさに寄って全く表情が違います。
ベストな表情を引き出し、如何にクライアントの意向に近づけるか?

その課題で必要になったのが、
撮影した画像をその場でスピーディーにきちんと確認して頂く事。

そこで考えたのが、オフライン環境でも使える高速無線転送機能付きSDカードの導入でした。
購入したのがTOSHIBA社製の『FlashAir™』。

このSDカードを使用し、その場でiPadに撮影画像を転送確認。
iPadで確認する事で、よりスピーディーに細部確認が出来、微妙な表現も確認可能になりました。

非常に便利です!!これ。

撮影でなく、旅先の撮影確認や、その場の画像シェアも可能になります。
是非皆さんもお試しください。

撮影画像の使用用途が広がるはずです。

参考サイト
『FlashAir™』商品紹介ページ
https://jp.toshiba-memory.com/product/flashair/sduwa/index_j.htm

関連記事

  1. 永遠に幸せになりたかったら

  2. デザインの視点で振り返る「平成という時代」

  3. デビュー

  4. 初勝利おめでとうございます!

  5. ルマンド最強説

  6. 名刺代わりに名刺のお話し