曽我部恵一エッセー「いい匂いのする方へ」を読んで

ソロやサニーデイ・サービスとしてアーティスト活動。
加え、レーベル「ROSE RECORDS」を立上げる。

そして、
東京・下北沢のカレー・ショップ「カレーの店・八月」
カフェ「CITY COUNTRY CITY
レコード・ショップ「PINK MOON RECORDS
のオーナー。

そんなサニーデイ曽我部さんのエッセーをLIVE会場で買いました。
「いい匂いのする方へ」めちゃめちゃ良かった。

素晴らしく自然体であり、
心底素敵だと思えるオジさん。

ちょっとした瞬間や、ちょっとした部分。
絶妙で、微妙な部分を幸せと表現する曽我部さん。

メダカに餌をあげる15秒間。

一人で映画に行った息子を迎えに行き、その子の表情をみた時。

コンビニの惣菜とお菓子、ジュースを買って。冷凍ピザをレンチンして食卓に並べ。
それに笑顔があれば、最高のパーティーだと考えた瞬間。

その絶妙で、微妙な部分が、私のヒントや勇気になった。

曽我部恵一。僕の推しメンです。

--- Related Posts

  1. iPhone11Proを手に街に出た

  2. 月一コンペ連続応募の2月分は〜?

  3. 2020年の5月終えて

  4. 新元号が発表された4月の前半

  5. 平成最後の日。点火しました!

  6. 色の魔力