自分らしく、ご近所旅を楽しもう!

旅行の楽しさを知ったのは20代半ばくらいで、
それ以来、いろいろな町に足を運びました。

旅の醍醐味は人それぞれだと思いますが、
僕が考えているそれは、思い込みからの解放です。

仕事でも遊びでも、頑張れば頑張るほど
「こうあるべきだ」「これが自分のスタイルだ」
そういう思いが強まっていくものです。

でも、ひとつのやり方だけが正しいってことは
そんなに多くはないですよね。

旅行に出て、それが遠い異国であれ、すぐ近くの町であれ
知らない場所で、さまざまな文化に触れると、
自分の中に根を張っていた価値観はあくまで小さなひとつでしかなかったことに気付かされるのでした。

少しだけ先の光が見えた今だからこそ、
僕たちには、より多様な世界のありようを知るための「旅」が必要なのではないでしょうか。

物理的に遠くに出かけることがためらわれるのなら、
写真や活字を通して、
あるいはテクノロジーを使ってバーチャルで。

望む気持ちさえあれば、そのドアは開かれるはずです。

関連記事

  1. 不真面目なキャッチコピーをかなり真面目に考える会「焼肉編」

  2. 8月は君のカレー 〜スパイスの香りに誘われて〜

  3. モテ男のマストバイ「BRUNO」トースターグリル

  4. La PACE〜ラ・パーチェ〜(甲府市徳行/パスタ・ピザ・パンケーキ)

  5. 『ZIINE』山梨県のファッションスタイルマガジン

  6. 人生に必要なもの、それは。