漁夫乃勇(和食/居酒屋) – 甲府市中央

「入店前からドキドキが止まらない」

安心感とワクワク感と高揚感はすべて共生する。
そんな感覚をもたせてくれるのは、甲府中心街にある「漁夫乃勇(ぎょふのゆう)」。
国産の新鮮な食材へのこだわりと、それを存分に活かしてくれる職人気質の料理の数々。
カウンター10席ほどの店内は裏春日の喧騒から非日常へとトリップさせてくれる。

「いい肴にはいい酒」

日本酒、焼酎を中心とした酒、しかし特出すべきはウイスキーのセレクト。
ぼくの大好きなブラントンが置かれている。
コップに並々注いでくれる上に、グラスへのこだわりの強さも伺える。
出し巻き卵とブラントンは史上最強だと思った。

「面白いかどうかは自分次第」

巷ではガンガンと進む再開発とか、新しい商業施設や大型店が次々にできる街の様子を心配している人もいれば、何か思いを描くのは野暮ってもので、わからないまま変化していくのが街なんだろうという人もいる。
住んでいたり、学んだり、仕事をしたり、遊びに来たりしているこの街を、
「ぼくの街」と感じるときがあるとするのなら、それは「ここは俺のものだ!」なんてことではなく、
「この街の好きなところを何か見つけたい!」と考えて、見つけて、ワクワクしているときだと思う。
実際いろいろ見つかるのは街の中だったりするし、面白いかどうかなんて、なんだって自分自身だったりするんだよな。

–DATA–
〒400-0032
山梨県甲府市中央1-17-8
営業時間 : 不明
定休日 : 不明
電話 :不明

関連記事

  1. 甲府の居酒屋の代表格「おふくろ」

  2. 僕らがカレーを好きな理由。僕らがカリーを食べる理由。

  3. 山梨県北杜市のカフェ – kitchen ohana

  4. 高峰山トレッキング 2018年の瀬

  5. 宿×出版『真鶴出版』真鶴町の泊まれる出版社

  6. DiningBar Pavlov(ダイニングバー) – 昭和町西条