カメラと一緒に、ちょっとそこまで…

“今この瞬間”が楽しいから、それに向かってシャッターを押した。
不意に心が惹かれて、カメラを構えた。

写真には正解なんてものは存在しなくて、いや、不正解なんてものは存在しなくて、感情の赴くままにシャッターを押していい。

……とはいえ、ひと目見て“良い写真”と感じる一枚には、実はきちんとしたセオリーもあったりして。
表現したいモノを生み出すためには、技術もしっかり身につける必要がありそうですね。

自分と向き合う時間、近所を散策する時間が増えた今こそ、いつもの日常を、いつもより素敵に彩ってみたい。

行きつけの図書館も、馴染みの友人も、あの路地も、そこにある景色も。
カメラを通して向かうとまた違って見えて、きっと新鮮な週末になるはずです。

--- Related Posts

  1. 気が利いてる「おつまみ」を求めて 〜非才な料理男子の挑戦〜

  2. 梅雨が明けたら

  3. 四月は君の桜(穴山さくら公園〜穴山駅〜ループ橋)

  4. テーブルグリルストーンと幸せなごはん。

  5. 築地の魂、最後の築地。

  6. いま、まさに味わうべきは、山梨限定「源流シリーズ」