8月は君のカレー 〜スパイスの香りに誘われて〜

食欲は視覚と嗅覚からはじまります。
美味しそうな料理は、写真を見ただけでも「食べたいっ!」って思いますよね。
これは視覚情報を「美味しそう」と頭で変換できるから。だから、いろいろな料理を食べて経験値が高い人ほど、そして脳内変換意欲が高い人ほど、写真で食欲を高めることができるのでしょう。

嗅覚は脳内変換で食欲をそそるだけでなく、もっとストレートに本能を刺激します。
街を歩いていたら、ふと漂う甘く濃厚な香り。
ああ、この先に鰻屋があるんだ、と思った瞬間に、蒲焼がたっぷりのった丼のイメージが浮かびます。
学生時代、鰻屋でアルバイトをしていて、賄いはタレかけ飯でしたが、土用の丑の日だけは山盛りの鰻丼をたべさせてもらえた記憶が蘇るのです。

最近はスパイスの香りによく誘われます。
街に本格的なカレー屋が増えたためか、カレーの香りの中にスパイスを感じることが多くなりました。
この香りには絶対に抗えません。
それほどお腹がすいていなくても、ついつい、導かれるままに店に入ってしまう。
ライスを半分にすればいいんだから、などと心の中で言い訳をしながら。
そんなことを繰り返していくうちに、また経験値が高まり、スパイシーな香りに出会うだけで、より食欲が高まってしまう……。

そんな香りに誘われる快楽の罠にハマっているのは、僕だけではないはずです。よね?

--- Related Posts

  1. 甲府の居酒屋の代表格「おふくろ」

  2. 食堂ラビリンス〜優柔不断なボクの憂鬱〜

  3. SOBA Restaurant TOMATO(甲斐市/そば・ダイニングバー)

  4. カメラと一緒に、ちょっとそこまで…

  5. 人生に必要なもの、それは。

  6. 不真面目なキャッチコピーをかなり真面目に考える会「オムライス編」