私に音楽とデザインを意識させてくれた雑誌

今も捨てられず大切に取ってあるsnoozer。

編集長の田中宗一郎さんの音楽センスにとにかく惹かれ
タナソウがプッシュする音楽は片っぱしから聞いていた気がする。
邦楽。洋楽関係なく。

少しUK贔屓で、過剰な表現による文体が好きだった。
そしてアートポスト系の表紙装丁がとにかくオシャレだった。

写真の配置、キャッチの入れ方、タイトルデザイン。
誌面構成も新鮮でめちゃめちゃカッコ良かった。

大学生の時。
はじめて書店で立読みをした際に衝撃をうけた事を覚えている。
おそらくダイエー横の喜久屋書店。

2011年の8月号を最後に休刊になったsnoozer。
出版が大変な今だけど是非復活して欲しい!
また読みたい。

今だからこそ価値がある雑誌だと思う。

関連記事

  1. CHILL OUT(チルアウト)

    チルする?

  2. デザインの価値

  3. 神様はいる

  4. すぐ惚れる

  5. 2020年の5月終えて

  6. インスタをはじめて