角界オブ・ザ・イヤー

気がつけば早、年の瀬。
今年の漢字「災」、流行語大賞「そだねー」、ギャル流行語大賞「いい波のってんね~」など、今年も終わるなぁと感じるニュースを日々見かけるようになりました。早いなぁ。

角界も不祥事含め色々とありましたねぇ。
土俵外では残念なニュースが多かったですが、肝心の取組内容では地元・竜電の活躍含め、今後期待が持てそうな力士たちの戦いぶりを今年も楽しませてもらいました。

ただ、個人的に今年の角界オブ・ザ・イヤー(そんな賞はありませんが)は、豊ノ島ですね。
2年ほど前まで幕内で活躍。稽古中にアキレス腱を断裂するケガをして、「そのまま引退か?」と思いましたが、地道にリハビリと稽古を重ねて、今年11月場所では帰り十両に上がって、11勝4敗。
このままいけば、来年は幕内に復帰する姿が見られるかもしれません。
安美錦の時もそうでしたが、ベテランがケガをして、一戦に復帰する姿は感動の一言ですね。
一月場所は1/13(日)から!いや興奮してきたなぁ!(ウマーベラス調で)

相撲は土俵の充実が一番の醍醐味。来年も良い取り組みが見られると良いなあ。

※そんな要素は一切ありませんが、このブログはデザイナーズブログです。

関連記事

  1. 雨の日装備のテッパン

  2. 汗が止まらなくて…夏。

  3. やっぱり読書はたのしい

  4. だな。

  5. 私が好きな相撲体

  6. ウヌ!!