カメラがあると、つい撮ってしまうもの。

それは富士山。
郡内方面に行くと、「何かに使うことがあるかも」と、必ず撮ってしまいますが、
この間は自宅から夕焼けの富士山を撮ってみました。
(意味もなく望遠レンズで…)
ウチから見る富士山は、手前の山が重なるため頭しか顔を出してくれませんが、
さすが富士山。夕日をまとうとスター性が出てくるのは私の気のせいでしょうか。
こうなると頭しか見えないのもむしろキュートと感じます。

ちなみに、富士山の手前、ウチの目の前には「OGINO」の看板が煌々と光っていますので
山梨的なコントラストも抜群。
ウチでは「オギノなめの富士」と呼んでいます。

夏の富士山も良いですが、これから冬の富士山はやはりキレイですね。
今度は雪景色の日にでもトライしてみよう。

関連記事

  1. 私が好きな相撲体

  2. 汗が止まらなくて…夏。