不真面目なキャッチコピーをかなり真面目に考える会「焼肉編」

今までは、あまり意識していなかった異性。
恋愛とか恋人になるとかそんなことを一切意識したことのなかった友達感覚の女性。

いつも通り、気まぐれに約束をして、いつも通りな感じで一緒に食事をするだけのイメージ。
たまたま今夜が焼肉だっただけの話。

の、はずだった。

だが、なぜだろう、この気持ち。
ともに焼肉を食した結果、思いもよらない気持ちが芽生えてしまったようだ。

どうやら彼女もそんな感覚に陥っているように見える。
いや、むしろ僕よりも強くそれを感じているのかもしれない。

そんな彼女の女心を捉えたキャッチコピーはこれ。

恋も焼肉も火力とアツさが大事なの。
でも、肉は焦がさず、恋には焦がれて。
今夜、彼女は肉食系。

次回、真面目に不真面目なキャッチコピーを考える会は「オムライス編」となります。
乞うご期待。

関連記事

  1. ガーイウス・ユーリウス・カエサルのアレやコレやを考察してみる。

  2. 不真面目なキャッチコピーをかなり真面目に考える会「オムライス編」

  3. バナナはオヤツに含まれるのか、弁当箱に入れたゼリーはオヤツ扱いになるのか。